スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痩せる方法はどれがいいの??

ダイエットを志す世界中の人々から、今「和食」が注目されているといいます。
和食がダイエットメニューとして優れている理由として、まず第一に挙げられるのが、脂肪が少ないということ。
脂肪は炭水化物に比べて、同じ量ではるかに高カロリーですが、和食の主食となるご飯には、この脂肪がほとんど含まれていません。
一方、洋食の主食となるパンには、小麦粉の他に、バターやマーガリンが使われています。
よって、同じ量を食べても、和食メニューの方がはるかに低カロリーで、ダイエットに適しているということになるのです。
第二点目は、食物繊維が多いこと。
よく、ダイエットの大敵として挙げられるものに、便秘があります。
なぜ便秘がダイエットの大敵かというと、腸から毒素が吸収され、それが全身に回ることで、体の代謝機能を大幅に衰えさせるからです。
その便秘を解消してくれるのが、食物繊維。
食物繊維は腸の働きを高め、便通を促してくれます。
また食物繊維には、体内の余分な脂肪を排出する効果もあります。
第三点目は、ミネラルが豊富に含まれていること。
ミネラルは体内の酵素を正常に働かせるために欠かすことのできないものであり、これが不足すると、やはり代謝が低下して「ダイエットしてもやせない体」になってしまうのです。
しかし、和食の“汁物”などには、ミネラル豊富な海産物が多く含まれており、不足しがちなミネラルを補うことができます。
皆さんも、ダイエットを成功させるために、ダイエットメニューとしての和食を、より積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。
痩せる

ダイエットを成功させるために、まず必要になってくるのが食事のコントロール。
とはいっても、必ずしも無理な食事制限をする必要はありません。
ダイエットに適した献立――“ダイエットメニュー”を組み立てればよいのです。
ダイエットメニューを組み立てる上でのポイントは「低カロリー」。
当然のことながら、砂糖や脂肪を極力控えるようにします。
ダイエットメニューを組む上でのもう一つのポイントは、一日に必要なビタミン・ミネラルをきちんと摂取できるようにすること。
ダイエットを成功させるためには、とにかく食事の量を減らせばいい、と考えるのは間違い。
過度の食事制限や偏った食事の取り方によってビタミンやミネラルが不足すると、体の代謝が落ち、内臓が十分に機能しにくくなるため、脂肪がうまく燃焼されず、逆に「やせにくい体」になってしまうのです。
これでは食事制限をする意味がありません。
ダイエットメニューをしっかり組んで、無理なくダイエットを成功させましょう。
痩せる

ダイエットというと、かつては“苦しい食事制限”というイメージがつきまとったものですが、近年では“ダイエット食品”が多く登場し、「食べながらやせる」というスタイルが一般化してきました。
ダイエット食品とは、原料の配合を工夫したり、特殊な食材を用いることで、通常の食品に比べてカロリーを大幅にカットした加工食品のことです。
ダイエット食品の中には、単に低カロリーなだけでなく、脂肪や炭水化物の燃焼効率を高めるための成分や、便秘解消・デトックスを目的として食物繊維を配合したものなども製品化されています。
ダイエット食品は「低カロリー食品」として、肥満の人や糖尿病患者の食餌療法のために作られたものでしたが、現在は、いわば健康食品の一つとして、若い女性たちの間でブームとなっています。
痩せる

ダイエットの方法は、大きく分けて、食事のコントロールによるものと、運動によるものとがあります。
食事のコントロールによるダイエットには、食事制限を行なう方法や、脂肪や炭水化物の燃焼効果を高める食品をとる方法などがあります。
食事のコントロールによるダイエットを行なう場合、栄養が偏りやすくなり、それによって健康を害してしまう場合も少なくないので、注意が必要です。
運動によるダイエットの方法には、ウオーキングやエアロビクス、ストレッチ、あるいは特殊な運動器具を用いるものなどがあります。
規則正しい運動習慣を身に付けることは、ダイエットのみならず、健康維持という点でもメリットが大きいといえるでしょう。
いずれの方法をとるにせよ、無理をせず、目標体重に合わせて、自分に合ったダイエットの方法を探していきましょう。
痩せる

ダイエットを健康のために行なう人が増えています。
これは、肥満が生活習慣病の原因と一つとされているためです。
しかし、ダイエットをしてスリムになったとしても、必ずしも安心できるものではありません。
なぜなら、皮下脂肪が落ちて「スリム」になっても、内臓脂肪がたまっていることがあるからです。
皮下脂肪とは、皮膚の下の脂肪層にたまる脂肪のことで、一般にダイエットのターゲットとなるのはこの皮下脂肪です。
一方、内臓脂肪とは内臓のまわりにたまる脂肪のこと。
内装脂肪は皮下脂肪と違って、外見からはその存在をつかみにくく、スリムな人でも、内臓周りにベットリと脂肪が付いている場合が少なくありません。
そして、生活習慣病と関係が深いのは、皮下脂肪よりもむしろ内臓脂肪なのです。
では、どのようにしたら“内臓脂肪ダイエット”ができるのでしょうか。
内臓脂肪は、皮下脂肪に比べて燃焼させやすいという特徴があります。
しかし、やみくもに腹筋などを行なっても、筋肉はつきますが、内臓脂肪を落とすという点では、あまり効果がありません。
内臓脂肪ダイエットに効果的なのは、有酸素運動です。
有酸素運動とは、酸素を効率的に使いながら、体脂肪を燃焼させる運動のことで、ウオーキングやジョギング、水泳などがこれに当たります。
また、食事については、普通のダイエットと同様、カロリーをできるだけ抑えて、かつ必要なビタミン・ミネラル・タンパク質はきちんととるように心がけるようにします。
痩せる



痩せる1
痩せる2
痩せる3
痩せる4
痩せる5
痩せる6
痩せる7
痩せる8
痩せる9
痩せる10
痩せる11
痩せる12
スポンサーサイト

<< バストアップは可能なの? | ホーム | fx システムトレードはどうなん?? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。